高額商品を購入する際、クレジットカードで分割払いやリボ払いをすることが多いと思います。しかし、実際にはカードローンやフリーローンといったキャッシングを利用する方が利息面でお得になります。クレジットカードの場合、分割払いなら一定回数まで手数料が無料になるものの、分割回数が増えることで購入金額に対する利率で手数料が発生してしまいます。

また、リボ払いも同様であり、約15%程の実質年利が掛かるため、カードローンを利用するのと差が無くなります。そのため、『利用限度額毎に金利が下がる』または『審査で金利が決定する』カードローンの方がより支払う金額が減る可能性が生じます。

たった1%の金利差が出るだけでも、カードローンを利用するのが断然お得です。さらに、リボ払いを利用するよりも銀行フリーローンを利用することで長期返済を行っても、非常に低い金利で契約することが可能であり、金利10%以下での借り入れも可能です。

これならば、リボ払いの年利に比べ約5%以上もお得になり、総支払額が大幅にカット出来ます。クレジットカードは非常に便利ですが、キャッシングローンを有効活用することで、より生活に与える負担を軽減することも可能です。少しでもお得に商品を購入したい方には、おすすめの方法です。

現在では、銀行や消費者金融のカードローンがインターネットからWEB完結で申し込みができ、契約手続きも短時間で完了することが出来ます。そして、最短30分のスピード審査や即日融資にも対応し、借り入れを急いでいる場合、非常に心強い味方となっています。

これまでは、カードローンの場合、専用ローンカードが手元に届いてからの借り入れが一般的でしたが、今では契約手続きが完了後、指定銀行へ振り込みで融資を受けられるサービスも増えています。しかし、この振り込みによる融資を受ける場合、絶対に注意しておきたいことが金曜日の申し込みです。

インターネットバンクや大手銀行の一部では24時間365日いつでも融資を受けることが出来るものの、都市銀行や地方銀行の場合、銀行の取り扱い時間により即日融資ではなく、翌営業日の融資になってしまいます。特に平日14時以降の振込手続きは当日振込としてはギリギリになってしまいます。

そして、金曜日の場合は土日の振り込みが停止してしまうため、翌営業日となるのが月曜日になってしまい、土日に冠婚葬祭といったことで現金が必要な場合、木曜日までに振り込み依頼を完了させておくことがポイントです。

また、審査から契約手続き、そして振込依頼までスピーディーに事を運びたい場合、インターネットからの申し込みよりもFAX申し込みが意外に早く、申し込み時点から契約手続き書類を提出することとなり、時間短縮にも繋がります。振込融資サービスを利用する場合、契約が完了する時間に注意をして申し込みを行うのが重要です。

カードローンというのは、業者が色々とあります。とにかく、魅力的な部分となるのが、借り易いことであり、そして、金利が低いことでしょう。殆ど、この二点以外はそこまで気にしなくてもよいといえるほどですから、よく覚えておくと良いでしょう。色々とカードローンの細かいサービスの違いがありますから、まずはよく調べることにしましょう。

まず、根本的に金利を見るべきです。つまりは、金利が低いカードローンというのが最高といえるでしょう。大よそではありますが、15%以下の上限金利のところがよいといえるでしょう。最大金利が18.0%になりますから、これは避けるべきです。これが法定金利の最大のものではあるのですが、それで貸さないといけない、ということはありませんから、いくらでも低いところはあるのです。ですから、カードローンとして魅力的といえるのはまずは金利が低いところになります。

そこまで確実なことではありませんが、銀行系がそうした傾向があります。カードローンを選ぶときのコツというのは、そこにあるといえます。そうすれば安心して利用することができるようなカードローンを見つけることができるようになるでしょう。安いところ、借り易いところを見つけることです。

銀行カードローンで即日融資を受ける事が可能なのは三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックと三井住友銀行カードローンになります。両社とも店舗内にカードローンの申し込みをする事が出来る契約機が設置されていてその契約機で申し込みをすると審査が即日回答されて契約完了後にキャッシングカードが発行されます。すぐお金を借りたい時に銀行カードローンを選ぶとなるとどちらかを選択する事になりますが、迷ってしまう人も多いので上限金利や限度額などを比較していく事にしましょう。

・上限金利の設定はほぼ同じ

銀行カードローンを利用する時にまず気になるのが金利の設定になります。そこで上限金利を比較してみると三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックが14.6%、三井住友銀行カードローンが14.5%に設定されています。三井住友銀行カードローンの方が0.1%低く設定されていますが、あまり変わらないので金利を重視する時はどちらを利用しても大丈夫です。

・限度額は三井住友銀行カードローンの方が高い

借り入れをする時は限度額が気になるので比較してみると三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックは最大500万円、三井住友銀行カードローンは最大800万円となっています。普通に借り入れをする時はどちらを利用しても大丈夫ですが、多額の借り入れをする時は三井住友銀行カードローンを利用した方がいいです。

銀行のカードローンは大手銀行とネット銀行が主流となっています。大手銀行とネット銀行のカードローンは特徴が少し異なるので大手銀行の三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックとネット銀行の楽天銀行スーパーローンを比較して検証してみましょう。

・来店不要の楽天銀行スーパーローンの方が利便性が高い

バンクイックの申込方法は店頭窓口、テレビ窓口、などが複数ありますが、契約手続きをする時に来店する必要があります。しかし楽天銀行スーパーローンの申込方法はインターネットのみなので来店不要でお金を借りる事が出来ます。利便性では楽天銀行スーパーローンの方が優れています。

・融資スピードはバンクイックの方が優れている

銀行のカードローンは審査が厳しめなのでお金を借りれるまで数日かかってしまうのが基本です。楽天銀行スーパーローンは審査が即日回答と言われていますが、実際に結果が出るのは数日後になってしまいます。しかしバンクイックは店舗内に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると契約完了後にその場でキャッシングカードが発行されるので即日融資を受ける事が出来ます。融資スピードはバンクイックの方が優れていると言えます。しかしテレビ窓口で申し込みをする時は運転免許証が必要になってくるので運転免許証を持っているのが条件となります。

銀行ローンの良いところは、金利が低目である点でしょう。これに関してはほぼ間違いなく言えることになります。基本的にまずは金利が低いことが何より重要になってきます。それがキャッシングにおいて途轍もなく大きなメリットになります。銀行ローンといっても目的ローンではなくフリーローンです。

これは無担保で貸してもらうことができるやり方であり、非常にいざという時に助かる物であるといえるでしょう。基本的にはそんなに頻繁に借りるようなことはしないほうがよいに決まっていますが、それでも本当に困った時には使うのがベストに決まっています。いつでも使えるように発行して貰っておくことが賢明といえるでしょう。なかなか大変なことはありますが、それでも審査に通過すればとりあえず借りることはできるようになります。消費者金融系のキャッシングなどよりも金利が安い傾向があるのは大きな利点であるといえるでしょう。但し、使い過ぎることは厳禁です。これはどんなことにもいえることではありますが、程々に、本当に必要な時のみに使うのがベストであるといえるでしょう。銀行ローンのような無担保で無保証人の貸付にはそれが特に強く言えることでしょう。

今では当然のように即日融資が当たり前になっています。キャッシング業者はいくつもありますしかし、借入は総量規制によって、借金限度額が決まってしまうことになります。つまりは、かなりしっかりと制限されてしまうのです。

まずその一つの要素として、他に借金があるかないかによって、ということがあります。ですから、しっかりと借りたいのであれば、他の借金を減少させてから申し込みをするようにしたほうがよいでしょう。総量規制とは具体的には年収の3分の1以下になります。つまりは、年収が300万円であれば100万円まで、ということになります。

そのあたりは注意しておいたほうがよいでしょう。キャッシングは今すぐに利用することが出来ますが、それでも注意するべきことの一つとして、利息があります。金利が金融サービスとしては高い、ということになりますから覚悟しておいたほうがよいでしょう。それと大抵のところは無利息サービスがあります。

そうした期間がありますから、しっかりと認識しておきましょう。とてもよいサービスであるといえますから、これはしっかりと覚えておくべきなのです。但し、借りすぎることは注意しておくべきです。利息の支払いは大変です。

キャッシング契約をする際、毎月の返済方法に迷うことがあります。返済方法は、基本的に大きく分けリボルビング返済または定額返済となります。

実際にどちらが良いかは、契約する人の収入により左右されるものの、定額返済の方がオススメできます。その理由は、リボルビング返済の場合、毎月の返済金額が少ないため長期間の借入となってしまいます。一方で、定額返済の場合は短期間で返済が完了することとなり、総支払額も少なくなる可能性があります。

例えば、10万円の借入を毎月3,000円で返済する場合と10,000円の返済する場合では返済期間が大きく変化し、ここに利息がさらに発生します。

その結果、10万円を返済する期間が1年以内と3~4年では大きな差となります。さらに、リボルビング返済の場合、毎月の返済金額が少ないため、家計に余裕があると錯覚します。その結果、返済計画が立て難いといった問題点もあり、毎月定額の返済金額であれば気付いた時点で返済が完了していることも少なくはありません。

もし、無駄遣いが心配という方は、定額返済を選択する方がメリットとなることもあります。