銀行のカードローンは大手銀行とネット銀行が主流となっています。大手銀行とネット銀行のカードローンは特徴が少し異なるので大手銀行の三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックとネット銀行の楽天銀行スーパーローンを比較して検証してみましょう。

・来店不要の楽天銀行スーパーローンの方が利便性が高い

バンクイックの申込方法は店頭窓口、テレビ窓口、などが複数ありますが、契約手続きをする時に来店する必要があります。しかし楽天銀行スーパーローンの申込方法はインターネットのみなので来店不要でお金を借りる事が出来ます。利便性では楽天銀行スーパーローンの方が優れています。

・融資スピードはバンクイックの方が優れている

銀行のカードローンは審査が厳しめなのでお金を借りれるまで数日かかってしまうのが基本です。楽天銀行スーパーローンは審査が即日回答と言われていますが、実際に結果が出るのは数日後になってしまいます。しかしバンクイックは店舗内に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると契約完了後にその場でキャッシングカードが発行されるので即日融資を受ける事が出来ます。融資スピードはバンクイックの方が優れていると言えます。しかしテレビ窓口で申し込みをする時は運転免許証が必要になってくるので運転免許証を持っているのが条件となります。

銀行ローンの良いところは、金利が低目である点でしょう。これに関してはほぼ間違いなく言えることになります。基本的にまずは金利が低いことが何より重要になってきます。それがキャッシングにおいて途轍もなく大きなメリットになります。銀行ローンといっても目的ローンではなくフリーローンです。

これは無担保で貸してもらうことができるやり方であり、非常にいざという時に助かる物であるといえるでしょう。基本的にはそんなに頻繁に借りるようなことはしないほうがよいに決まっていますが、それでも本当に困った時には使うのがベストに決まっています。いつでも使えるように発行して貰っておくことが賢明といえるでしょう。なかなか大変なことはありますが、それでも審査に通過すればとりあえず借りることはできるようになります。消費者金融系のキャッシングなどよりも金利が安い傾向があるのは大きな利点であるといえるでしょう。但し、使い過ぎることは厳禁です。これはどんなことにもいえることではありますが、程々に、本当に必要な時のみに使うのがベストであるといえるでしょう。銀行ローンのような無担保で無保証人の貸付にはそれが特に強く言えることでしょう。