高額商品を購入する際、クレジットカードで分割払いやリボ払いをすることが多いと思います。しかし、実際にはカードローンやフリーローンといったキャッシングを利用する方が利息面でお得になります。クレジットカードの場合、分割払いなら一定回数まで手数料が無料になるものの、分割回数が増えることで購入金額に対する利率で手数料が発生してしまいます。

また、リボ払いも同様であり、約15%程の実質年利が掛かるため、カードローンを利用するのと差が無くなります。そのため、『利用限度額毎に金利が下がる』または『審査で金利が決定する』カードローンの方がより支払う金額が減る可能性が生じます。

たった1%の金利差が出るだけでも、カードローンを利用するのが断然お得です。さらに、リボ払いを利用するよりも銀行フリーローンを利用することで長期返済を行っても、非常に低い金利で契約することが可能であり、金利10%以下での借り入れも可能です。

これならば、リボ払いの年利に比べ約5%以上もお得になり、総支払額が大幅にカット出来ます。クレジットカードは非常に便利ですが、キャッシングローンを有効活用することで、より生活に与える負担を軽減することも可能です。少しでもお得に商品を購入したい方には、おすすめの方法です。

現在では、銀行や消費者金融のカードローンがインターネットからWEB完結で申し込みができ、契約手続きも短時間で完了することが出来ます。そして、最短30分のスピード審査や即日融資にも対応し、借り入れを急いでいる場合、非常に心強い味方となっています。

これまでは、カードローンの場合、専用ローンカードが手元に届いてからの借り入れが一般的でしたが、今では契約手続きが完了後、指定銀行へ振り込みで融資を受けられるサービスも増えています。しかし、この振り込みによる融資を受ける場合、絶対に注意しておきたいことが金曜日の申し込みです。

インターネットバンクや大手銀行の一部では24時間365日いつでも融資を受けることが出来るものの、都市銀行や地方銀行の場合、銀行の取り扱い時間により即日融資ではなく、翌営業日の融資になってしまいます。特に平日14時以降の振込手続きは当日振込としてはギリギリになってしまいます。

そして、金曜日の場合は土日の振り込みが停止してしまうため、翌営業日となるのが月曜日になってしまい、土日に冠婚葬祭といったことで現金が必要な場合、木曜日までに振り込み依頼を完了させておくことがポイントです。

また、審査から契約手続き、そして振込依頼までスピーディーに事を運びたい場合、インターネットからの申し込みよりもFAX申し込みが意外に早く、申し込み時点から契約手続き書類を提出することとなり、時間短縮にも繋がります。振込融資サービスを利用する場合、契約が完了する時間に注意をして申し込みを行うのが重要です。