銀行カードローンにおける、過剰貸付や借り入れにより、多重債務問題が再燃していることが問題化しています。結果、銀行独自の自主規制により、所得証明書類の提出が必要になったり、総量規制に準拠し年収の1/3までの利用限度になるといったことが行われています。

しかし、銀行側の対応遅れもあり、2017年8月21日に日本貸金業協会は銀行カードローンの保証会社に対し、過剰融資対策の強化要請が行われました。これは、今後、保証会社がより審査を厳しく行うということに直結しています。

つまり、銀行カードローンでも消費者金融のキャッシングローンと同等の融資額になる可能性が高くなりました。そもそも、保証会社の多くは、消費者金融系ないしは大手クレジットカード会社となっており、日本貸金業協会の登録会員です。登録会員となっている場合、定期監査ないしは特別監査を受けることとなるため、過剰融資が露呈した場合は是正指示または処分を受けるリスクがあります。

今回の日本貸金業協会の対策の強化要請は、より銀行カードローンの審査が通り難くなるだけでなく、現在借り入れがある方は利用限度額が減額される可能性が生じています。結果として、銀行カードローンは総量規制の対象外ということでは無くなっているため、申し込みをする際は希望額を必要最小限に抑えるなど対策が重要になります。

消費者金融はたくさんの業者があるので選ぶ時に迷ってしまう事もありますが、一般的にはアコムかプロミスを利用した方がいいと言われています。そこで消費者金融を利用する時になぜアコムとプロミスがオススメなのか理由を見ていく事にしましょう。

・申し込みから最短1時間で借入可能

消費者金融は即日融資に対応しているのが最大の特徴ですが、アコムとプロミスは消費者金融の中でも融資スピードが優れています。申し込みをしてからお金を借りるまで最短1時間なので早くお金を借りたい時はすごくメリットになります。

・WEB完結申込を利用する事が可能

消費者金融は自動契約機で申し込みをしてキャッシングカードを発行してもらうのが主流でしたが、スマホの普及によりネットで申し込む事が出来る業者が増えてきています。その中でもアコムとプロミスはネット上ですべての手続きが完結するWEB完結申込を利用する事が出来るのですごく便利です。

・初めて利用すると無利息サービスが適用される

消費者金融は金利が高く設定されているのが不安な部分ですが、アコムとプロミスは初めて利用する時は無利息サービスが適用されます。サービス期間は30日間で無利息でお金を借りる事が出来るので返済総額を大幅に減らす事ができます。

一般的に最もお金を借り易い方法としてあるのがカードローンになります。これは極度方式貸付というやり方をしています。最初に審査をして、その時に限度を決めます。その限度額までであれば何度でも借り入れが基本的にはできるようになります。

その後、金融信用情報に大きな変化などがありますとさすがに限度額が減ったりすることもありますから、その点は確実なことではない、とは理解しておいたほうがよいでしょう。ちなみにカードローンというのは事前に発行してもらっておくことができますし、銀行系などであればキャッシュカードと一体化させることができるところが多いです。

つまりは、財布のカード枠を圧迫することもありませんから、とりあえず持っていることがお勧めできるわけです。金融信用情報次第では限度額が下がるといいましたがこれは逆に信頼を積んでいくことによって上がることもあります。つまりは貸し出し限度額が高くなる、ということもあります。

それは必ず使わないといけないわけではありませんから、とりあえず受けておいたほうがよいことになります。いきなりそこそこの金額が必要になることもあるのですから、そうしたときに備えるためにもお勧めできます。

大手消費者のアイフルのフリーローンといえば、最短で即日キャッシングが可能なキャッシングローンが有名ですが、より低金利で高利用限度額のフリーローンの御所望であれば、キャッシングローンよりもファーストプレミアムカードローンの利用をおすすめします。
ファーストプレミアムカードローンとは、審査基準がキャッシングローンよりもやや厳しくなっているものの、よりお得な借り入れができるアイフルのVIP向けカードローンなのです。

ファーストプレミアムカードローンは、実質年率が4.5%から9.5%と消費者金融のカードローンとしては破格の低さであり、利用限度額も100万円から500万円と高額設定になっています。

なおこのカードローンは年齢要件が満23歳から59歳となっている点に特に注意が必要です。

銀行カードローンやフリーローンの商品説明や商品概要は、インターンネットから銀行ホームページ見ると簡単に確認することが出来ます。しかし、ホームページ上に情報が常に最新かつ全てのローン商品が記載されていない場合があります。例えば、通勤電車の中で見掛ける銀行の広告です。最近では、利益率の高いカードローンは銀行の主力となり、電車内でも複数の銀行が広告を掲載しています。実は、この広告において、公式ホームページ上では広告のローン商品が掲載されておらず、別にインターネット上から検索する必要もあります。

また、貸付条件において金利や利用限度額、保証委託先などの条件は同じものの、『契約時の即時振込』に否対応だったりと若干ながら異なる点もあります。また、利用対象者も県外かつ銀行の営業範囲内に住んでいる人が対象だったりと、詳細をしっかりと確認することが重要になります。

特に地方銀行になるほど、隣県の利用者獲得や市場ニーズにあったローン商品を順次投入しているため、注意が必要になります。例えば、山形銀行の『やまぎんカードローン』と『NEWやまぎんカードローンS』において商品概要や貸付条件に若干の違いがあります。

今後も新たなローン商材が登場する際は、情報収集が重要であり、インターネット上の情報以外にも銀行ATMや公共交通機関に掲載される広告をチェックすることがおすすめです。現在では、スマートフォンが主流となるため、その場で気になった情報は直ぐに調べるなども重要です。

総量規制対象外となるキャッシング契約をしたい場合、対象と出来る金融機関は銀行のみです。

「総量規制」とは、申込者の年収の3分の1を上回る金額を貸し付けてはいけない、という制度ですが、お金を借りる人は年収の3分の1以上、借りたい場合もありますよね。そこで「総量規制対象外」を探すわけですが、そもそも総量規制とは消費者金融などの、人にお金を貸す業種のみを対象とした法律になります。

銀行には銀行法という法律があり、消費者金融とは別の法律が適用されているわけです。つまり「総量規制」に関する記述があるのは、消費者金融等を対象とした法律のみで、そこに銀行は含まれていないのです。

では銀行と同系列のグループに所属する消費者金融の場合はどうでしょうか。企業の業態、例えば銀行、消費者金融などの業態は、グループ会社がどうとか、親会社が何であるかといったことには依存しません。つまり銀行と同系列のグループに所属する消費者記入の場合であっても「総量規制の対象」ということになります。

確実に総量規制対象外である銀行で契約を結ぶためには、他の消費者金融で申し込みを試すようなことはせず、実直に銀行での申し込みを行うのが確実です。

お金を借りる状況になる事は少なからずあり、車の購入や家の購入においてもローンを組む機会があるでしょう。そのような大金に関するローン利用のみならず、普段の生活においてもお金に困るような事はあると言えます。給料日前の急な誘いや大きな出費がある月もないとは言えず、お金を借りられるような体制づくりをしておくともしもの時も安心です。

良い方法の一つにキャッシング利用が挙げられ、様々な金融業者がサービス提供を行っています。審査の面や借りやすさの面を考慮すると消費者金融のサービスを利用すると良く、様々なメリットがあるでしょう。即日融資が可能な消費者金融も存在しており、急に借りたくなった時にも便利に活用できます。

審査についても少額融資の場合には、本人確認と働いている会社への在籍確認で済む所もあり、インターネット上の操作と電話連絡で契約が完了してしまう時もあるため便利です。在籍確認においても個人名で会社への連絡をしてくれるため、誰にも知られずに契約できます。

コンビニエンスストアのATMで借入や返済ができる消費者金融も存在しており、いつでも時間を気にせずに利用できるでしょう。お金の不安を軽減させる意味でも、一社はキャッシングサービスの契約をしておくと良いかもしれません。

キャッシングを利用する際の利息については、お得に利用する上では十分に考える必要があるでしょう。少しでも利息が少ない方が、お得に利用することにつながるので、キャッシングを利用する前にこのくらいの利息が必要になるのか計算する事は非常に重要なポイントといえます。

利息は返済するまでの期間が長いほど増える計算になりますが、最近では無利息で利用できるサービスも増えてきています。また無利息でない場合でも、即日中に返済することも可能なので、使い方によっては銀行よりも便利に活用することも可能です。

基本的に即日返済の場合は、利息が発生することはありません。なるべく早い返済を心がけることによって、お得な利用が可能になるのです。また返済方法も十分に検討する必要があるでしょう。コンビニなどのATMも利用できるキャッシングですが、ATMから返済した場合は手数料がとられてしまう可能性があるので、手数料についても十分な検討が必要になります。

返済する際の手数料をなるべく少なくしたい場合は、自社のATMやインターネットを利用した一括返済等を検討すると良いでしょう。このように返済金額を少しでも下げたい場合は、なるべく利息を少なくし、返済時の手数料等を計算して利用することが大切になります。