カードローンの利用で意外と馬鹿にならないのがATMの利用手数料です。大手消費者金融の4社では、この手数料が掛かる場合には1万円以下の利用時(借り入れ、返済共に)には108円、それを超える場合には216円の手数料が掛かります。

借り入れの場合にはその手数料を含めて限度額内で収まる必要があるので、例えば20万円の限度額で契約を行った場合に手数料が掛かるATMからだと20万円全部を下すことはできません。返済で利用する場合もその都度返済額に手数料を加えた金額を支払う必要があります。

この手数料が無料で利用できるATMは、大手4社ではプロミスが同社のATMと三井住友銀行のATM、アコムとアイフルでは同社のATMのみ、モビットは自社でATMを持っていませんが、三井住友銀行のATMが手数料無料で利用できます。尚、モビットは同グループ企業のプロミスのATMを利用することもできますが、その場合には手数料が掛かるので注意してください。

1万円を超える利用になった時の216円という手数料は、3万円を2週間借りた場合の利息に相当します。その3万円だけを利用した場合、手数料が掛かると掛からないでは1ヶ月の元金以外の支払いが倍になるかも知れないのです。

大手消費者金融のカードローンを選択する時には、この手数料が掛からないATMが近くにあるかどうかで選択してもいいでしょう。その基準で考えた場合、三井住友銀行のATMが近くにあればプロミスかモビットがおすすめになります。

一般的に最もお金を借り易い方法としてあるのがカードローンになります。これは極度方式貸付というやり方をしています。最初に審査をして、その時に限度を決めます。その限度額までであれば何度でも借り入れが基本的にはできるようになります。

その後、金融信用情報に大きな変化などがありますとさすがに限度額が減ったりすることもありますから、その点は確実なことではない、とは理解しておいたほうがよいでしょう。ちなみにカードローンというのは事前に発行してもらっておくことができますし、銀行系などであればキャッシュカードと一体化させることができるところが多いです。

つまりは、財布のカード枠を圧迫することもありませんから、とりあえず持っていることがお勧めできるわけです。金融信用情報次第では限度額が下がるといいましたがこれは逆に信頼を積んでいくことによって上がることもあります。つまりは貸し出し限度額が高くなる、ということもあります。

それは必ず使わないといけないわけではありませんから、とりあえず受けておいたほうがよいことになります。いきなりそこそこの金額が必要になることもあるのですから、そうしたときに備えるためにもお勧めできます。

カードローンというのは、業者が色々とあります。とにかく、魅力的な部分となるのが、借り易いことであり、そして、金利が低いことでしょう。殆ど、この二点以外はそこまで気にしなくてもよいといえるほどですから、よく覚えておくと良いでしょう。色々とカードローンの細かいサービスの違いがありますから、まずはよく調べることにしましょう。

まず、根本的に金利を見るべきです。つまりは、金利が低いカードローンというのが最高といえるでしょう。大よそではありますが、15%以下の上限金利のところがよいといえるでしょう。最大金利が18.0%になりますから、これは避けるべきです。これが法定金利の最大のものではあるのですが、それで貸さないといけない、ということはありませんから、いくらでも低いところはあるのです。ですから、カードローンとして魅力的といえるのはまずは金利が低いところになります。

そこまで確実なことではありませんが、銀行系がそうした傾向があります。カードローンを選ぶときのコツというのは、そこにあるといえます。そうすれば安心して利用することができるようなカードローンを見つけることができるようになるでしょう。安いところ、借り易いところを見つけることです。

銀行カードローンで即日融資を受ける事が可能なのは三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックと三井住友銀行カードローンになります。両社とも店舗内にカードローンの申し込みをする事が出来る契約機が設置されていてその契約機で申し込みをすると審査が即日回答されて契約完了後にキャッシングカードが発行されます。すぐお金を借りたい時に銀行カードローンを選ぶとなるとどちらかを選択する事になりますが、迷ってしまう人も多いので上限金利や限度額などを比較していく事にしましょう。

・上限金利の設定はほぼ同じ

銀行カードローンを利用する時にまず気になるのが金利の設定になります。そこで上限金利を比較してみると三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックが14.6%、三井住友銀行カードローンが14.5%に設定されています。三井住友銀行カードローンの方が0.1%低く設定されていますが、あまり変わらないので金利を重視する時はどちらを利用しても大丈夫です。

・限度額は三井住友銀行カードローンの方が高い

借り入れをする時は限度額が気になるので比較してみると三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックは最大500万円、三井住友銀行カードローンは最大800万円となっています。普通に借り入れをする時はどちらを利用しても大丈夫ですが、多額の借り入れをする時は三井住友銀行カードローンを利用した方がいいです。