カードローンというのは、業者が色々とあります。とにかく、魅力的な部分となるのが、借り易いことであり、そして、金利が低いことでしょう。殆ど、この二点以外はそこまで気にしなくてもよいといえるほどですから、よく覚えておくと良いでしょう。色々とカードローンの細かいサービスの違いがありますから、まずはよく調べることにしましょう。

まず、根本的に金利を見るべきです。つまりは、金利が低いカードローンというのが最高といえるでしょう。大よそではありますが、15%以下の上限金利のところがよいといえるでしょう。最大金利が18.0%になりますから、これは避けるべきです。これが法定金利の最大のものではあるのですが、それで貸さないといけない、ということはありませんから、いくらでも低いところはあるのです。ですから、カードローンとして魅力的といえるのはまずは金利が低いところになります。

そこまで確実なことではありませんが、銀行系がそうした傾向があります。カードローンを選ぶときのコツというのは、そこにあるといえます。そうすれば安心して利用することができるようなカードローンを見つけることができるようになるでしょう。安いところ、借り易いところを見つけることです。

銀行カードローンで即日融資を受ける事が可能なのは三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックと三井住友銀行カードローンになります。両社とも店舗内にカードローンの申し込みをする事が出来る契約機が設置されていてその契約機で申し込みをすると審査が即日回答されて契約完了後にキャッシングカードが発行されます。すぐお金を借りたい時に銀行カードローンを選ぶとなるとどちらかを選択する事になりますが、迷ってしまう人も多いので上限金利や限度額などを比較していく事にしましょう。

・上限金利の設定はほぼ同じ

銀行カードローンを利用する時にまず気になるのが金利の設定になります。そこで上限金利を比較してみると三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックが14.6%、三井住友銀行カードローンが14.5%に設定されています。三井住友銀行カードローンの方が0.1%低く設定されていますが、あまり変わらないので金利を重視する時はどちらを利用しても大丈夫です。

・限度額は三井住友銀行カードローンの方が高い

借り入れをする時は限度額が気になるので比較してみると三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックは最大500万円、三井住友銀行カードローンは最大800万円となっています。普通に借り入れをする時はどちらを利用しても大丈夫ですが、多額の借り入れをする時は三井住友銀行カードローンを利用した方がいいです。