日本の家計において、未だに多くは主婦の方が管理をしている場合があります。

その理由は、子育て世代においては待機児童問題といったことが起因していることが一番影響しています。

例え、保育園に入園出来たとしても夫婦共働きで無ければ、家で子育てをするのと変わらない場合もあり得ます。そこで問題となるのが、毎月の収支と支出のバランスです。

残業が多いまたは夜勤があるといったサラリーマンにとっては、収入が毎月変動し易い要素があることや勤務先の業績により年収が減るといった場合があります。

その際、家計に受ける影響は大きく、毎月余裕が無い家庭にとっては致命的なものとなります。そこで、主婦の方は家計を遣り繰りして改善を図ろうとしますが、無い袖は振れないというのが事実であり、借り入れによる一時補填を検討します。

その際に利用されるのが消費者金融系カードローンとなりますが、主婦の場合、収入は無いものの配偶者に収入があれば借り入れ出来るといったカードローンがあります。融資額は少ないものの、数ヶ月程度の予算不足を補填出来る金額であり、配偶者のボーナス月に一括返済することも可能です。

ただし、注意が必要なのは毎月赤字の家計でないことが重要であり、カードローンは一時的な回避策として利用することが重要です。