キャッシング契約をする際、毎月の返済方法に迷うことがあります。返済方法は、基本的に大きく分けリボルビング返済または定額返済となります。

実際にどちらが良いかは、契約する人の収入により左右されるものの、定額返済の方がオススメできます。その理由は、リボルビング返済の場合、毎月の返済金額が少ないため長期間の借入となってしまいます。一方で、定額返済の場合は短期間で返済が完了することとなり、総支払額も少なくなる可能性があります。

例えば、10万円の借入を毎月3,000円で返済する場合と10,000円の返済する場合では返済期間が大きく変化し、ここに利息がさらに発生します。

その結果、10万円を返済する期間が1年以内と3~4年では大きな差となります。さらに、リボルビング返済の場合、毎月の返済金額が少ないため、家計に余裕があると錯覚します。その結果、返済計画が立て難いといった問題点もあり、毎月定額の返済金額であれば気付いた時点で返済が完了していることも少なくはありません。

もし、無駄遣いが心配という方は、定額返済を選択する方がメリットとなることもあります。