キャッシングの審査にまったく通らなくなってしまったということであれば、ブラックリストに載ってしまっているのかもしれません。ブラックリストに載るような金融事故を起こしていれば自分でたいていは分かっているはずですが、一部の事例では自分がブラックリストに記載されていることが分からないこともあります。それが、携帯電話料金の延滞です。

ブラックリストに記載される条件に3か月以上の返済遅延がありますが、携帯電話料金の延滞でその適用になってしまうことがあります。それは、携帯電話やスマートフォンの機器本体を分割払い契約をしている時です。よく、実質本体0円というような契約をしている人です。実質0円となっていますが、これは携帯電話やスマートフォンの機器本体を携帯電話やスマートフォンの利用料金と共に分割払いをしていることになるのです。携帯電話の料金の延滞が問題ではなく、機器本体の分割払いの延滞が問題となるのです。もちろん、携帯電話やスマートフォンの機器本体をすべて支払っている場合には利用料金を延滞していもブラックリストに記載されることはありません。くれぐれも携帯電話やスマートフォンの機器本体を分割払いにする契約をしている人は注意しなければなりません。