総量規制対象外となるキャッシング契約をしたい場合、対象と出来る金融機関は銀行のみです。

「総量規制」とは、申込者の年収の3分の1を上回る金額を貸し付けてはいけない、という制度ですが、お金を借りる人は年収の3分の1以上、借りたい場合もありますよね。そこで「総量規制対象外」を探すわけですが、そもそも総量規制とは消費者金融などの、人にお金を貸す業種のみを対象とした法律になります。

銀行には銀行法という法律があり、消費者金融とは別の法律が適用されているわけです。つまり「総量規制」に関する記述があるのは、消費者金融等を対象とした法律のみで、そこに銀行は含まれていないのです。

では銀行と同系列のグループに所属する消費者金融の場合はどうでしょうか。企業の業態、例えば銀行、消費者金融などの業態は、グループ会社がどうとか、親会社が何であるかといったことには依存しません。つまり銀行と同系列のグループに所属する消費者記入の場合であっても「総量規制の対象」ということになります。

確実に総量規制対象外である銀行で契約を結ぶためには、他の消費者金融で申し込みを試すようなことはせず、実直に銀行での申し込みを行うのが確実です。

今では当然のように即日融資が当たり前になっています。キャッシング業者はいくつもありますしかし、借入は総量規制によって、借金限度額が決まってしまうことになります。つまりは、かなりしっかりと制限されてしまうのです。

まずその一つの要素として、他に借金があるかないかによって、ということがあります。ですから、しっかりと借りたいのであれば、他の借金を減少させてから申し込みをするようにしたほうがよいでしょう。総量規制とは具体的には年収の3分の1以下になります。つまりは、年収が300万円であれば100万円まで、ということになります。

そのあたりは注意しておいたほうがよいでしょう。キャッシングは今すぐに利用することが出来ますが、それでも注意するべきことの一つとして、利息があります。金利が金融サービスとしては高い、ということになりますから覚悟しておいたほうがよいでしょう。それと大抵のところは無利息サービスがあります。

そうした期間がありますから、しっかりと認識しておきましょう。とてもよいサービスであるといえますから、これはしっかりと覚えておくべきなのです。但し、借りすぎることは注意しておくべきです。利息の支払いは大変です。